勘違いしやすい血統書の存在

よく「うちの子は血統書があるから立派な犬なんだよ。」っと思われる飼い主さんもいらっしゃると思いますが、それは少し考え方が違います。
血統書とは、その犬が純血種であり、両親や祖先までが同一の犬種であるという証明書の事を言います。ですので、基本的に純血種である犬種の犬であれば、よほどの事がない場合は、血統書は絶対についてくる物になります。血統書があるから優れた犬である。という訳ではないのです。

血統書ができるまで。

純血種の犬の繁殖者、言われるブリーダーが、所属しているクラブを通じて血統書団体に同一犬種から生まれた犬の申請を行い、血統書団体より血統書の発行をしてもらう事が一般的な流れになります。血統書団体では、血統の管理を行っており、人で言う戸籍登録を管理しているようなイメージです。

優秀な血統であれば、血統書に略語がある。

愛犬に血統書があるとすれば、両親や祖先に当たる血統項目にCH(チャンピオンの略)等の略号が記載されている場合があります。チャンピオンとは、ドッグショーなどで優秀な成績を収めた犬にしか記載されていません。ジャパンケンネルクラブ(JKC)が発行する血統書には、CHの略号にも種類があり、例えば、INT.CH.:インターナショナルビューティーチャンピオン、AKU.CH.:AKUアジアチャンピオン等、チャンピオンのタイトルでも表記が変わってきます。もし記載があれば、優秀な血統の犬かもしれません。一度、詳しく見てみるのも愛犬の事を知るきっかけになるので、オススメですよ。

将来、子供を産ませたい飼い主さんへ

血統書がある犬で、将来、子供を産ませる予定のメス犬であれば血統書はちゃんと管理しておく事をオススメします。交配には必ず必要になり、産まれてくる子犬達にも血統書を持たせるためにもしっかりと管理する必要があります。
また、よくオス犬を飼われている方が子供の犬を産ませたいという事をおっしゃられますが、基本的にはオス犬を飼っている場合で、交配をブリーダーへお願いする事は不可能に近いです。あくまで子供を宿すのがメス犬のためです。どうしても子供を産ませたい場合は、もう1頭同犬種のメス犬を飼育して、将来的に産ませる方法となります。

雑種、ミックス犬には血統書はないの?

雑種やミックス犬は純血種同士の繁殖でない場合は、基本的には血統書はありません。例えば、トイプードルとチワワの両親から産まれた場合は、違う犬種同士の掛け合わせであるので、雑種やミックス犬となります。上でもご説明したように、血統書があるから優れている訳でもなく、血統書がないから犬として劣るという訳ではないので、あまり深く考える必要はありません。

犬の血統書に関するまとめ

血統書について、詳しくご紹介させていただきました。血統書と聞くと、宝石の鑑定書のようなイメージがあったかと思います。実は純血種であれば、ほとんどの場合が血統書が備わっているケースが普通なのです。血統書があれば、血統の流れやブリーダー名などを調べる事もできますので、改めて血統書を眺めてみても楽しいと思います。